嗅覚・味覚が唯一の症状だった患者は3.0%

論文

G. Spinato, et. al. Alternations in smell and taste in mildly symptomatic outpatients with SARS-CoV infection. JAMA, April 22 (online), 2020.

イタリアから報告されたCOVID-19感染患者の味覚・嗅覚障害についての論文

要点

  • 2020/3/19-2020/3/22 イタリアの病院での報告
  • 軽症のPCR検査陽性COVOD-19患者204人が対象
  • 嗅覚・味覚の変化が見られたのは64.4%
  • 女性の方が男性より嗅覚・味覚障害が多かった(72.4%対55.7%)
  • 鼻閉は34.6%
  • 最初に嗅覚・味覚の異常が起きたのは11.9%
  • 他の症状と同時が22.8%
  • 他の症状が先行したのは26.7%
  • 嗅覚・味覚障害が唯一の症状だった割合は3.0%

コメント

嗅覚・味覚異常は代表的な症状のひとつです。
64.4%もの患者が嗅覚・味覚異常を訴えております。また、症状の中央値は「重症」レベルとの結果が出ているので、症状出現時は比較的強い症状として現れているようです。
ただし、症状が嗅覚・味覚異常単独である頻度は3.0%と低く、多くの場合は疲労感や咳、発熱などの症状も生じるようです。

嗅覚障害、味覚障害しかない状態が長く続く場合は、新型コロナウイルスの感染の可能性よりも、

  • 亜鉛欠乏
  • 薬の副作用
  • 肝障害
  • 腎障害
  • 糖尿病
  • 消化管切除の影響、炎症性腸疾患
  • 甲状腺機能低下症
  • 舌炎、唾液分泌障害
  • うつ病、神経症
  • 脳血管障害、聴神経腫瘍
  • 耳鼻科領域の末梢神経障害
  • 風邪のあとの変化

などを疑う方が良いかもしれません。
耳鼻科の先生にお願いしなければならない病気も多いですが、当院でも亜鉛、肝機能、腎機能、糖尿病、甲状腺、大腸カメラなどの検査は可能です。

薬剤性の味覚障害については、下記厚生労働省のマニュアルがあります。
薬物性味覚障害|重篤副作用疾患別対応マニュアル|厚生労働省
これによると、

  • 睡眠薬、抗不安薬
  • 解熱鎮痛剤
  • 精神神経用の薬
  • 目薬
  • 不整脈、血圧の薬
  • 喘息の薬
  • 胃酸を押さえる薬
  • 甲状腺の薬
  • 利尿剤
  • 脂質異常症(高脂血症)の薬
  • 糖尿病の薬
  • アレルギーの薬

など、実に様々な薬で起きうることが分かります。
もちろん、これらの薬を飲んだら高確率で味覚障害起きる、ということではありませんが、一応疑ってみる必要はあるかもしれません。

消化管切除後の様々なトラブルについては、私の外来(大倉医師の消化器外科外来)でご相談ください。

オンライン診療を申し込む