COPDが危険。ぜひ禁煙を

論文

The impact of COPD and smoking history on the severity of COVID‐19: A systemic review and meta‐analysis
Qianwen Zhao et al.
J Med Virol. 2020 Apr 15. doi: 10.1002/jmv.25889. Online ahead of print.

COVID-19の重症度と慢性閉塞性肺疾患(COPD), 喫煙歴との関連を示した中国からのメタアナリシス論文です。
COPDは、タバコで肺が破壊された状態のことを言います。 新型コロナウイルスに関連して、禁煙が強く勧められていますが、どの程度危険性が高いのでしょうか。

要点

  • 2019年12月から2020年3月まで、PubMed, Web of Science, Cochrane, WanFang Database, CNKの5つのデータベースを基にしたメタアナリシス
  • COPDの既往、喫煙歴のあるCOVID-19患者を対象とした11の研究。
  • 対象:2002人の患者。内、334人がCOVID-19 重症患者。
  • COVID-19重症化との関係
     COPD:オッズ比 4.38; 95%信頼区間:2.34-8.20
     喫煙者:オッズ比 1.98; 95%信頼区間:1.29-3.05
  • COPDを有する患者、喫煙中の患者が新型コロナウイルスに感染した場合、重症化する危険性がある。

コメント

  • 喫煙者でCOPDを有している患者は、COPDの無い患者と比較して、新型コロナウイルスに感染した場合、重症化するリスクが4倍以上高い
  • 喫煙者や、すでにCOPDと診断されている方は、より一層感染予防に努めることが大切
  • 喫煙者でまだCOPDと診断されていない方でも、今回の新型コロナウイルス感染の流行を機に、禁煙することをお勧めいたします
  • 禁煙外来も行なっておりますので、ご不明なことがある方、禁煙希望の方は御相談ください。

担当医

平畑 光一 理事長
平畑 光一 理事長 内科・消化器内科 月・火・木・金・土・日 9:00~20:00
積山 慧美里 医師
積山 慧美里 呼吸器・一般内科 火・金・土 9:30~12:30、14:00~17:00 土曜日は9:30~12:30のみ
オンライン診療を申し込む