【ハーバード大の論文】アメリカでは2022年まで活動制限が必要な可能性

論文

Kisller et al., Projecting the transmission dynamics of SARS-CoV-2 through the postpandemic period. Science 14 Apr 2020:eabb5793 DOI: 10.1126/science.abb5793

アメリカでの今後のCOVID-19感染について予測したハーバード大学公衆衛生学部の論文です。

本記事はこちら(https://www.hirahata-clinic.or.jp/covid19/20200516_2)に移転しました。

ブックマークやお気に入りなどに登録されている方には大変お手数をおかけいたしますが、新アドレスへ設定変更して頂きますようお願いいたします。

オンライン診療を申し込む